不用品回収業者の回収以外のお仕事

不用品回収業者の活用術

オフィスの移転や家の引っ越しをサポート

不用品回収業者とは家庭などで出た不用品の回収を主な業務としている民間の業者です。
オフィスを移転する際に出た机や椅子、棚やロッカー。
引っ越しの為いらなくなった家電製品や大型の家具。
それらを全て回収し、処分してくれます。
粗大ゴミとして市区町村に依頼した場合、回収してもらえる物は限られています。
さらに一軒家であれば玄関前、マンションであれば1階のゴミ置場まで運ばなくてはいけません。
しかし不用品回収業者であれば、危険物以外のほぼ全ての物が回収の対象になります。
家の中まで来て回収してくれるので自分でやらなくてはいけない作業が一切ありません。
重い家具や家電を自分で運び出すのは容易なことではありませんよね。

そんなとても便利な不用品回収業者ですが、実はトラブルも多いのが現実です。
荷物を積み終わった後に、様々な理由をつけて料金を追加してくる。
説明のつかないような多額の請求をされた。
作業が雑であったり、ちょっとしたミスで家の物を傷つけられた。
処分する費用を浮かせる為に回収した物を不法投棄された。
挙げたらキリがないほど数多くのトラブルを耳にします。
しかし、これらは事前にインターネットなどで情報を収集し、評判の良い業者を選ぶことである程度は防ぐことができます。
公式サイトに掲載されている電話番号やお問い合わせフォームから連絡を入れて気になることを質問したり、見積もりを出してもらうと良いでしょう。

このサイトでは、あまり知られてない不用品回収業者の回収以外のお仕事をご紹介します。
様々なニーズに合ったサービスがあるので、チェックしてみて下さい。

不用品回収業者って?

引っ越しの作業は思った以上に労力を必要とします。 まず、たくさんある物を一つ一つ要るか要らないか分けていく。 そして持って行く物をさらにカテゴリーで分類してダンボールに詰める。 要らなくなった物は住んでいる地域が指定した方法で捨てていく。 その作業を少しでも減らせたら楽ですよね。

片付けが苦手な人の強い味方!

片付けや掃除が苦手で、気づいたら家がいつも汚い。 でもどうやって片付けたらいいのか分からない。 どこから手をつけたらいいのだろう。 そんな悩みをお持ちの方、結構いると思います。 そういう筆者も実は部屋の片付けが大の苦手。 こればかりは性格的なものなのでどうしようもありません。 そんな時の解決策をご紹介します。

生前整理、遺品整理のこと

少子高齢化が進む日本。 年間死亡率数は増え続けており、そのうちの約3分の2が65歳以上の高齢者です。 それに対して共働き家庭が増え、子どもの数は減りました。 その結果、残された家族の遺品整理や相続問題に対する負担が増え、生前整理の必要性も高まります。 生前整理、遺品整理について改めて考えてみませんか。